港区高輪の精神科・心療内科のクリニック 泉岳寺駅 品川駅すぐ

他の科から精神科・心療内科の受診を勧められた方に

内科などの他科から精神科・心療内科の受診を勧められると「気のせいだ」とか「治らない」と言われた気持ちになる方も多いかと思います。

しかし、決してそういう意味ではなく、精神科・心療内科であればあなたの症状を改善出来ると思って紹介されたのだと思います。医者の世界では下のような病気は精神科・心療内科の領域であって、専門分野の医師に紹介するのは当然のことだからです。

下のような病気は医者の世界では常識でも、一般の方には聞き馴染みがなかったり誤解していることが多いので、こういう不幸な行き違いが生まれるのだと思います。

こう言われても、まだまだ半信半疑だったり、受診に抵抗がある方もいらっしゃると思います。でも、あなたにとって最大の優先事項はその苦痛をとることであって今の科にかかり続けることではないはずです。そして我々ならそのお手伝いができるかもしれません。

ぜひ、一度ご相談ください。


心身症

身体疾患の中でも過敏性腸炎、胃潰瘍などストレスが症状に大きく影響を与える疾患です。内科薬は有効ですが、ストレスから離れること、ストレスを解消する方法を考えたほうがいいかもしれません。向精神薬、漢方薬が有効な場合もあります。

身体表現性障害

身体的には異常がないのに体がしびれたり、痛くなったりする病気です。ひと昔前まではこういった病気の客観的な証拠は何もなかったのですが、現在では脳の血流量などに異常が起きていることがわかっています。向精神薬や電気けいれん療法(ECT)が有効です(当院ではECTは行っておりませんが必要な方には東大病院などの病院をご紹介します)。

うつ病や不安障害に伴う身体症状

うつ病や不安障害には、頭痛、腹痛、倦怠感、めまいなどが伴うことがよくあります。この場合、原因疾患の改善に伴い軽快します。

サイトマップ リンク

このページの先頭へ