港区高輪の精神科・心療内科のクリニック 泉岳寺駅 品川駅すぐ

診療内容当院で診療内容・診療体制

強迫性障害(OCD)

強迫性障害(OCD Obsessive Compulsive Disorder)は、かつては「強迫神経症」と呼ばれていた心の病気です。分類としては不安障害の一つです。

この病気では「手が汚れているのでは」「家の鍵をかけ忘れたのでは」などという嫌な考えが、抑えきれず湧いてきます。この考えを「強迫観念」と言い、手を洗ったり、鍵を確認しに家に帰るといった、強迫観念を解消しようとしてする行為を「強迫行為」と言います。

しかし、強迫行為によっても強迫観念は解消されず、自分でも不合理だと思っているにもかかわらず強迫行為を繰り返すようになります。結果、多くの時間やエネルギーを費やし、時には日常生活を行うのにも支障が出てしまいます。

以前はなかなか治りにくい病気と思われていましたが、近年、こうした症状を抑えるのに有効な薬が開発され、治療法が進歩して、多くの患者さんがつらい症状から解放されるようになってきました。日頃から強いこだわりに悩まされている方や、家族の症状が心配な方は、ぜひ一度、ご相談ください。

診療内容一覧へ

サイトマップ リンク

このページの先頭へ